ニキビケアは億劫でもサボってはダメですね

ニキビといえば、私は小学校のころから、長い間悩まされてきました。
はじめて出来たのは、確か小学3年生のころだったと思うのですが、あまりにたくさん額に出来たので、正直病気かと思いましたよ。
しかもニキビというものを知らなかったので、「おでこにいっぱい湿疹ができた!不治の病だったらどうしよう」とかなり慌てましたね。

それで親に相談してみたら、それはニキビだと言われたんです。
そしてしばらくすると赤く腫れあがったニキビだけではなく、鼻やあごには白ニキビも出来るようになって、かなり焦りました。
スキンケアもいろいろ試してみていたんですが、根が無精なので、途中で面倒になってきたんですよね。
「まあそのうち治るだろう」と思って、あまりケアしないようになってきました。

当時もニキビ跡の怖さなんかは話で聞いていましたが、実際のところ潰しても跡が残ったことはなかったし、まだ若いから平気だと思っていたんですよね。
そんな感じのまま大人になったんですが、20代半ばのころ、とうとう酷いニキビ跡が出来てしまいます。
それも鼻の周りだから、隠せないんです。

クレータータイプなので、美容外科に通ってもすぐには直りません。しかもお金もたくさんかかります。
ニキビケアが億劫になって、サボっていたらこんな結果になってしまいました。
今でもそのニキビ跡は残っています。メイクでなんとか隠れるものの、すっぴんを見ると憂鬱です。
今後は面倒でも、ニキビケアはサボらないようにしようと思っています。

まつげ育毛剤 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です