ニキビの治療法

中学生や高校生で、顔に一杯ニキビが出来ている人がいますが、みんな一時のもので、大人になると綺麗な肌になっている人が多いなと思います。
私はニキビで悩んだことがなかったのですが、私の生徒は高校生の頃、沢山ニキビが出来て悩んでいました。

そんな彼女が教えてくれたことですが、アクネ菌は植物油を餌にして増えるから、洗顔をした後の肌に、肌によさそうだからと言ってオリーブオイルなどを塗ると、どんどん増えていくそうです。
聞いてびっくりしたのですが、アクネ菌をやっつけるには、ワセリンがとても良いそうです。
ワセリンは鉱物油なので、ワセリンを肌に塗ると、鉱物油を餌に出来ないアクネ菌は死んでいくそうです。
彼女が実際に試したことなので、確かな情報です。

洗顔をした後に、化粧水を付けて、ワセリンを顔全体ではなく、所々ひどいニキビに塗ってみて下さい。
顔全体に塗ると、皮膚呼吸が出来ないので肌に良くないと思います。
彼女は、かなりいい感じでニキビが減っていったと話してくれました。

でも、一番大切なのは、生活習慣だと言っていました。
ニキビが出来る度にワセリンを塗って治療しても、チョコレートやポテトチップスを食べ過ぎたり、睡眠時間が短かったり、ストレスがあったりして、基本的な生活習慣が乱れていると、またニキビが沢山出来ます。
だから、なによりも生活を改善することは大切だと話してくれました。
彼女は大学生になると、ニキビが綺麗に無くなっていました。

【ニキビ跡】シミ(色素沈着)が治らないのは化粧水のせい!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です