心って強くなれるの?心の強さを決めているものとは?

ストレスに弱い私は、メンタルが弱いのかもしれない。誰しもが傷ついた時、心は弱くなるものです。そんな心は、あなた次第で強くもなり、弱くもなるものです。では、心はどのように強くなったり弱くなったりしているのでしょうか。

 

心の強さを決めている要因の一つは、如何に自分のことを認められるのかにあります。そして、自分のことを上手に認めるのは、周りから認められてきた経験が大切になります。

 

友達と喧嘩をしてしまった時に、話を聞いてくれたお母さん。思うように勉強が出来なかった時、優しく慰めてくれたお父さん。辛いことがあっても、同じ立場で物事を考えてくれた友達や同僚を思い出してください。

 

何かうまく行かないことがあっても、きっとあなたの心の傷を温かく癒してくれた人がいたはずです。

 

うまく行かないことがあっても、誰かを頼ることで次の力になるのです。心はそうやって、自分の傷を癒し、乗り越え、また失敗する不安を恐れず挑戦することが出来るものです。

 

失敗したあなたを受け入れてくれる優しさが、あなたの自信や自己肯定感に繋がり、心を強くしてくれています。

 

そんな経験を上手く経験できなかったあなたは、自分自身で自分を認めてあげることが大切になります。自分に対して“大丈夫”“次頑張ろう”“出来ている所もある”と声をかけてあげてください。

 

心を強くするために大切なことは、失敗してしまった自分を全否定しない事です。そして出来ている部分を認め、心を癒し、失敗する不安に打ち勝ちながら次の挑戦をすることです。

 

出来ないところばかりに目を向けるのではなく、出来ている所に目を向け、そんな自分を認めることで心を強くしていきましょう。

悟りの世界