新しい自分を演じて、新しい人格を獲得しよう

転職のきっかけは、職場・会社の人間関係に起因することが起因することが多いようです。私自身もそうでした。
さて、転職活動するにあたっては、絶対に在職しながら活動することです。特に人間関係の場合、「転職してやる」
と腹を決めてしまうと、先のないまま、一歩踏み出したくなる場面に出くわすこともありますが忍耐です。
そして、活動期間を決めることと実績とスキルを棚卸しして軸となるアピールポイント作りだすことです。

このあたりは、転職エージェントに登録する際や面談のときに、必然的に行うことになりますし、多少できが悪くても、
意思がまとまっていれば、転職エージェントにしっかりサポートしてもらえます。転職エージェントは、紹介企業の
募集背景などを把握しているので、職務経歴書を最適な内容にしたり、面接時のアピールポイントなど有用なアドバイス
してくれますので、意思疎通して、よきパートナーとして活用しないと損です。私の場合も、しっかり対策でき、余裕を
持つことができました。

活動期間については、始めるタイミングによるのですが、募集が増える時期、例えばボーナス支給後の7~9月や12月~1月、
できれば上下期の始まりに合わせて入社できる時期がそうだったような気がします。この波に乗り応募の数を増やすことが
できますし、良質で希望に合った募集案件に出会えるチャンスもあり、早期に決着できます。それを逃すと長期戦になるかも
しれません。でも、転職の道を選らんだのであれば、腐らずに、まずは素直に自分で自分を評価し、できることと実績を、
しっかりと自分の言葉にし、自信を持つこと、募集企業の狙いと自分のスキルと実績があっているかを理解してのぞむことと
考えます。

人間関係に起因した活動の始まりであっても、当然それは伏せて、この時期だけは忘れてしまうことにします。人事の人は、
見抜きますので。それに同じような人間関係の不具合は、どうせ転職先でも同じように起きます。
転職をきっかけに新しい自分を演じきることです。

医師 転職

転職活動で大切なもの

私は現在30代前半ですが、3回ほど転職をしております。1回目は24歳の時にアパレル業界からガス業界、2回目は30歳の時に同業界に転職をしました。転職するにあたり大切なことは、若いうちの転職、如何に資格を保有しているか、前職での功績、自分はどんな仕事がしたいのかが明確である、以上の事が非常に大切であると思っております。私が経験した転職活動例を交えて何故大切なのかを話していきたいと思います。
私が初めて転職活動をしたのは24歳の時、キッカケとなったのは「結婚」でした。将来のことを考え、転職活動を始めたのですが、当時の私には保有資格があまりなく、アピールできるところといったら、アパレルショップで店長として管理職を任されていた事、結婚という将来を見据えての転職という考えた末の事、第二新卒の転職であったことなどが人事担当者に評価されて内定を頂きました(この内容は実際に人事担当者から言われたことです)。一番の決め手は第二新卒であったことみたいです。よく、大卒で入社したら3年は続けた方が良いとも言われていますが、私の考え方は逆で、現職が合わないようであれば、早い段階で転職活動を始めるべきです。第二新卒は3年で消えてしまいます。キャリア採用になるとそれなりの実績や、経験、保有資格などが問われてきます。私は早い段階で転職して正解だったと思っています。
2回目は同業種での転職でした。この時は、既に第二新卒扱いではなかった為、1回目と同様に何故転職しようと思ったのかを明確にし、さらに前職で取得した資格や経験をアピールして内定を頂きました。キャリア採用になると資格もない、経験も人並みとなると同業種とはいえなかなか難しいと思います。特に私の場合は特殊な資格を持っていないと仕事が出来ないため、保有資格については採用の最重要項目であったみたいです。
以上のことから、転職活動をする上で大切な事柄を簡単ではありますが話させて頂きました。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉